内臓脂肪症候群対策

内臓脂肪症候群とは?内臓脂肪の測定方法や内臓脂肪の減らし方などを解説しています。

内臓脂肪ダイエット(内臓脂肪減らし方)その1

必見!日本で今一番売れている、消費カロリーを増やすダイエット法

【痩せなければ全額返金保証】代謝を上げれば体脂肪が燃える。
消費カロリー倍増で食べてもスリム。『体質改善ダイエット』

自己流の減量やダイエット食品の利用で急激に減らす体重は、実は体脂肪ではなく筋肉や骨。健康のためにも、ちゃんと体脂肪を減らすダイエットを知ってください。
http://www.taisha-diet.com/other/index.html

内臓脂肪を蓄積させる生活要因

見た目は痩せていても、実は内臓脂肪が多くあり、隠れ肥満ということも考えられます。内臓脂肪を蓄積させる生活要因は、大きく5つです。1.過食、2.運動不足、3.加齢、4.飲酒、5.ストレス、です。これらをもとに、生活面での内臓脂肪の減らし方(=内臓脂肪ダイエットの方法)を見ていきましょう。

内臓脂肪ダイエット1:摂取カロリーを減らす

食べ過ぎによる脂質や糖分の摂りすぎによって、摂取カロリーが増えます。摂取カロリーが消費カロリーを超えると、脂肪になっていき、内臓脂肪増加につながります。ですので、内臓脂肪を減らすためには、食べすぎをやめ、摂取カロリーのコントロールが有効です。しかし、内臓脂肪を減らすために摂取カロリーを減らすときには注意点があります。「バランスを考えること」です。栄養バランスが崩れると、代謝が悪くなり、結果として消費カロリーが減り、内臓脂肪が溜まることになります。また一日3食べるというバランスも内臓脂肪対策に重要です。食事間隔がいつもより長くなると、体が危険を察知して脂肪を溜めようとするからです。これも内臓脂肪増加につながりますので、バランスを考えて摂取カロリーを減らすようにしてください。

内臓脂肪減ダイエット2:軽い運動をする

上の説明と同じ理屈で、消費カロリーを増やすことで、内臓脂肪を減らせます。現代生活は、便利になり体を動かさなくてもいいようになってきています。そして運動する機会も減っています。内臓脂肪を減らすためには軽い運動でいいので、消費カロリーを増やすことが重要です。ただし、運動する場合は、軽い運動にしたほうが、内臓脂肪ダイエットの効果があります。週一回くらいの筋肉トレーニングは、基礎代謝量(呼吸や血流でのカロリー消費)を減らさないという効果はありますが、直接、内臓脂肪を燃焼させる運動ではありません。内臓脂肪を燃焼させるのに良いのは、「歩く」などの有酸素運動です。その際は、できるだけ長い時間をかけて、ゆっくりと運動を続けるのが内臓脂肪燃焼には適しています。



脱メタボリック。中年オヤジがモテル奇跡のバイブル再販
30才40代必見。中年オヤジ専用、脱中年マニュアル。
ハゲ専用恋愛マニュアルが存在した。ハゲでもモテル。
www2.bbweb-arena.com/v1837010/

【テレビ・マスコミで話題】中高年向けビリーズブートキャンプ、ピンピンコロリ運動
1回たったの30分魔法の運動があなたのメタボリック、ぜい肉を解消します。
究極のアンチエイジング法をあなたに。
www.8rich.net/ppk/