内臓脂肪症候群対策

内臓脂肪症候群とは?内臓脂肪の測定方法や内臓脂肪の減らし方などを解説しています。

内臓脂肪の怖さ

必見!日本で今一番売れている、消費カロリーを増やすダイエット法

【痩せなければ全額返金保証】代謝を上げれば体脂肪が燃える。
消費カロリー倍増で食べてもスリム。『体質改善ダイエット』

自己流の減量やダイエット食品の利用で急激に減らす体重は、実は体脂肪ではなく筋肉や骨。健康のためにも、ちゃんと体脂肪を減らすダイエットを知ってください。
http://www.taisha-diet.com/other/index.html

脂肪細胞は満腹中枢をコントロールしている

食欲というのは、基本的には、脳の中枢神経でコントロールされています。でも、実は、内臓脂肪を含む、脂肪細胞自体からも満腹中枢を刺激するホルモンが分泌されているのです。このホルモンは、本来は、内臓脂肪や皮下脂肪などの体脂肪を正常に保つためなのですが、脂肪細胞が増加し肥大化してくると、食欲抑制の働きが鈍り、悪影響を及ぼすことになります。この変化は、体脂肪率(内臓脂肪と皮下脂肪の両方を含む)が、25%を超えるくらいから出てくるとのことです。

内臓脂肪がすべての原因

脂肪細胞は、単なるエネルギーの貯蔵庫ではなく、ホルモン分泌もしており、体のバランスを保つ役割もしているのです。しかし、内臓脂肪がたまると、内臓の脂肪細胞からのホルモンの影響で、バランスが崩れるのです。内臓脂肪から出されるホルモンの影響は、3種類あります。1.インスリンの働きを低下させ血糖値を上げる。2.善玉コレステロールの量を減らすので血液中の脂質異常が起こる。3.血管を収縮させるので血圧値が上がる。以上3種類の影響は、内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)の、肥満以外の3つの診断基準にピッタリと当てはまります。つまり、内臓脂肪がつきすぎることイコール、内臓脂肪症候群になる可能性が高くなる、ということなのです。

内臓脂肪が溜まりやすい現代生活

一昔前の日本人の脳卒中の原因は、栄養不足から来る低コレステロール状態だったそうです。しかし、現在の多くは、飽食と運動不足による内臓脂肪の増加が原因です。携帯電話やリモコン、パソコンでの仕事、車社会など、一日の消費エネルギーが減る一方、年齢を重ねるごとに基礎代謝は減り、体が消費するエネルギーは減っていきます。そこに、働き盛りのストレスが加わり、現代人は非常に内臓脂肪が溜まりやすい状況にいるのです。



脱メタボリック。中年オヤジがモテル奇跡のバイブル再販
30才40代必見。中年オヤジ専用、脱中年マニュアル。
ハゲ専用恋愛マニュアルが存在した。ハゲでもモテル。
www2.bbweb-arena.com/v1837010/

【テレビ・マスコミで話題】中高年向けビリーズブートキャンプ、ピンピンコロリ運動
1回たったの30分魔法の運動があなたのメタボリック、ぜい肉を解消します。
究極のアンチエイジング法をあなたに。
www.8rich.net/ppk/