内臓脂肪症候群対策

内臓脂肪症候群とは?内臓脂肪の測定方法や内臓脂肪の減らし方などを解説しています。

内臓脂肪と皮下脂肪の違い

必見!日本で今一番売れている、消費カロリーを増やすダイエット法

【痩せなければ全額返金保証】代謝を上げれば体脂肪が燃える。
消費カロリー倍増で食べてもスリム。『体質改善ダイエット』

自己流の減量やダイエット食品の利用で急激に減らす体重は、実は体脂肪ではなく筋肉や骨。健康のためにも、ちゃんと体脂肪を減らすダイエットを知ってください。
http://www.taisha-diet.com/other/index.html

内臓脂肪と皮下脂肪の違い

脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪があります。ですので、肥満にも、皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満があります。男性は、胸の下からお腹が出っ張る“リンゴ型”肥満が多いと言われています。これが、内蔵脂肪型肥満です。お腹が出ているけれど、表皮をつまんでも2cm以下なら内臓脂肪がすいている証拠です。逆に、つまんだ部分が2cm以上は皮下脂肪型肥満で、女性に多いのが特徴です。次に、もっと細かく、内臓脂肪型肥満と皮下脂肪型肥満について見てみましょう。

内臓脂肪型肥満

お腹の周辺や腹間膜などの内臓周辺に脂肪がつき、お腹がポッコリと出てくるのが内臓脂肪型肥満の特徴です。普通の体型の人でも、ヘソ位置の腹回りが太くなったら要注意です。内臓脂肪型肥満は、30歳以上の男性や更年期以降の女性に多く見られます。内臓に脂肪がつきすぎると内臓から血管に出る脂肪量増えて、やがて脂肪が体内を巡るようになります。内臓脂肪の特徴は、筋肉運動のときなどに使われ、つきやすく、皮下脂肪に比べて落ちやすいことです。内臓脂肪型肥満を解消するには、食事で摂るカロリーを減らし、基礎代謝や運動などでカロリーを多く消費することです。

皮下脂肪型肥満

皮下脂肪は皮膚のすぐ下の筋肉の間につきます。皮下脂肪は、つきやすい部分があります。お尻、太もも、下腹部などの下半身や、二の腕です。皮下脂肪は、男性に多い内臓脂肪とは違い、女性に多く見られ、生活習慣病とはあまり関係ないのが特徴です。皮下脂肪は、ゆっくり溜まり、落ちにくい性質を持ち、女性にとっては出産時に使うエネルギーの貯蔵庫でもあります。しかし、皮下脂肪が多くなると、内臓を圧迫するなどの害を及ぼすこともあります。皮下脂肪型肥満を解消するためには、運動をして筋肉をつけ、代謝を高めることが基本です。内臓脂肪とは違い、いきすぎた食事制限は筋肉が減ることになり、むしろ逆効果です。

内臓脂肪型肥満のほうが危険が高い

内臓脂肪型肥満と皮下脂肪型肥満では、内臓脂肪型肥満のほうが問題です。メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)という言葉を、厚生労働省が力を入れて取り上げるようになった原因は、内臓脂肪が多い人で、血糖値・血圧が高く、血液中の脂肪分が多い人に、異常に心疾患が多く見られたからです。つまり、厚生労働省も、「内臓脂肪が多い=危険信号」ということを認め、力を入れるようになったということです。ですので、ここは、内臓脂肪は怖いという考え方だけに留めるのではなく、逆に、内臓脂肪に気をつけていれば、かなりの病気を防ぐことができる、という考え方で、対処していくことが重要です。



脱メタボリック。中年オヤジがモテル奇跡のバイブル再販
30才40代必見。中年オヤジ専用、脱中年マニュアル。
ハゲ専用恋愛マニュアルが存在した。ハゲでもモテル。
www2.bbweb-arena.com/v1837010/

【テレビ・マスコミで話題】中高年向けビリーズブートキャンプ、ピンピンコロリ運動
1回たったの30分魔法の運動があなたのメタボリック、ぜい肉を解消します。
究極のアンチエイジング法をあなたに。
www.8rich.net/ppk/