内臓脂肪症候群対策

内臓脂肪症候群とは?内臓脂肪の測定方法や内臓脂肪の減らし方などを解説しています。

肥満のメカニズム

必見!日本で今一番売れている、消費カロリーを増やすダイエット法

【痩せなければ全額返金保証】代謝を上げれば体脂肪が燃える。
消費カロリー倍増で食べてもスリム。『体質改善ダイエット』

自己流の減量やダイエット食品の利用で急激に減らす体重は、実は体脂肪ではなく筋肉や骨。健康のためにも、ちゃんと体脂肪を減らすダイエットを知ってください。
http://www.taisha-diet.com/other/index.html

肥満の原因:摂取カロリーが多い

内臓脂肪症候群の英語名、メタボリックシンドロームの「メタボリック」の意味は、「代謝の」という意味です。体内でエネルギーが燃焼する以上に、食べ物から得るカロリーが多いと脂肪になります(脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪がありますが、その違いはのちほど触れます)。カロリーが消費しきれていないと内臓脂肪や皮下脂肪になるということです。

肥満の原因:基礎代謝量の低下

1日の総消費エネルギー量の70%は、基礎代謝と呼ばれ、生命活動(呼吸、心臓、体温の保持)などに使われるエネルギーです。その基礎代謝が20代を過ぎるとだんだん減っていくのです。特に30歳を過ぎたころから急に減り、脂肪がつきやすくなります。必要となるエネルギーは、年とともに減っていくのに、食べる内容が変わらないと、体に、脂肪として蓄積されていく、というわけです。ただ、基礎代謝量は筋肉量とも関係しており、週一回でもいいので適度な筋肉運動を続けていればある程度の代謝量を維持でき、脂肪がつくことを防ぐことができます。

内臓脂肪や皮下脂肪を落とすときの注意

ただし、ただ摂取カロリーを減らせば、内臓脂肪や皮下脂肪が減っていくか、というと、そうでもありません。注意すべきは栄養素です。食べる量を減らしても、栄養素が足りなければ代謝が落ちてしまい、痩せづらくなるからです。内臓脂肪や皮下脂肪を減らしたいなら、まずは栄養バランスの良い食生活が絶対条件です。また、一日三食とることも重要です。食事間隔が長くなると、体は「次にいつ栄養が手に入るかわからないから、エネルギーを貯めておこう」と余分に内臓脂肪や皮下脂肪を蓄えようとするからです。一食抜いてカロリーを減らしたつもりでも、体には余分に内臓脂肪や皮下脂肪を蓄える結果になりますので、ご注意を。



脱メタボリック。中年オヤジがモテル奇跡のバイブル再販
30才40代必見。中年オヤジ専用、脱中年マニュアル。
ハゲ専用恋愛マニュアルが存在した。ハゲでもモテル。
www2.bbweb-arena.com/v1837010/

【テレビ・マスコミで話題】中高年向けビリーズブートキャンプ、ピンピンコロリ運動
1回たったの30分魔法の運動があなたのメタボリック、ぜい肉を解消します。
究極のアンチエイジング法をあなたに。
www.8rich.net/ppk/